2014年01月20日

【お知らせ】民俗芸能STREAMはマツリスタと統合します。

民俗芸能STREAMプロジェクトは、様々な媒体で民俗芸能の情報を発信してきましたが、日本の祭り応援マガジン「MATSURIsta!」にその機能を統合いたします。今後もマツリスタとして、様々な情報発信をして参りますので、なにとぞよろしくお願いいたします。

日本の祭り応援マガジン MATSURIsta!
http://matsurista.blogspot.jp/

※民俗芸能STREAMのサイトはこのままにしておきます。
ポッドキャストの更新などはこちらで行なっていく予定です。
posted by 西嶋一泰 at 13:47 | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月07日

【イベント】1/8「この郷土芸能がヤバい!2014」@東京赤坂

直前のお知らせとなってしまいましたが、イベントやります! 2013年を振り返りながら、郷土芸能の面白さや、後継者問題、そして地域の繋がり方を考えて行きます。郷土芸能初心者の方も歓迎ですので、ぜひお越しください!



――――転載歓迎――――
ふるさとの祭りや芸能の映像トークライブ&ネット生放送番組
【郷土芸能STREAMビデオライブ】
http://kyoudogeinou.blogspot.com/

趣旨:奇数月第2水曜日19時より、選りすぐりの郷土芸能の映像を
上映しつつトークを繰り広げるイベントを開催しています。
実際に東京赤坂の会場にも来ていただけますし、
ビデオライブの様子はネットで生中継でもご覧になります。
アーカイブ配信もしています。ぜひ、ご視聴ください。

第021郷土芸能STREAMビデオライブ
「この郷土芸能がヤバい!2014」
プレゼンター
小岩秀太郎(公益社団法人全日本郷土芸能協会)
西嶋一泰(日本の祭り応援マガジン「MATSURIsta!」編集長)

[趣旨]
今、郷土芸能がヤバい!
地域のコミュニケーションが凝縮された郷土芸能
地域で培われた衣装のデザインや動きの独特な美意識
それは今でも通用する素晴らしい文化です。
ですが、そんな文化が今、失われようとしています。
過疎高齢化による後継者不足に悩む地域が多いなかで、
伝承の危機にありながらも素晴らしい郷土芸能のヤバさを紹介していきます。
2013年の取材報告とこれからの展望を踏まえたトークナイト!

2014年1月8日(水)
19:00〜21:00 映像配信&トーク(予定)
@東京都赤坂(公社)全日本郷土芸能協会

参加費:
一般参加 :¥1000
全郷芸会員参加:¥500
ウェブ参加 :¥0

※当日の様子は郷土芸能STREAMのサイトから生中継されます。
実際に会場に来ていただいた方には以下の特典も
@全郷芸所蔵の芸能の映像を観ることができます!
A全郷芸会報最新号がもらえます!
 
[参加方法]
事前に参加申込みメールフォームより連絡
http://ws.formzu.net/fgen/S19531047...

Facebookより参加表明
https://facebook.com/events/640538202671648

郷土芸能STREAMお問い合わせ
http://ws.formzu.net/fgen/S9496939/

主催:(公社)全日本郷土芸能協会
http://www.jfpaa.jp/

協力:民俗芸能STREAM
http://minzokugeinoustream.seesaa.net/...

――――転載歓迎――――
posted by 西嶋一泰 at 18:11 | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月04日

【イベント中継】1/5 新春ディープ•ジャパン@浅草 村のバザール

image.jpg

直前のお知らせとなりましたが、面白いイベントの生中継を行います! 山伏に東京鹿踊、青谷明日香さんのライブありと盛りだくさん。東京浅草で開催しれますので、お近くの人はぜひ、足をお運びください!

新春ディープジャパン!@浅草・村のバザール
Ustream中継 12:00ごろ〜19:00ごろ
http://ustre.am/yAg7
※アーカイブ配信はありません。

日本の祭り応援マガジン『MATSURIsta!』
http://matsurista.blogspot.jp/
もブース出店いたします。この機会にぜひお買い求めください!



新春ディープジャパン!@浅草・村のバザール

DEEP JAPAN初のイベントを村バザで開催することになりました。
その名も「新春ディープジャパン」!!!

ディープジャパンとは歌手の青谷明日香を筆頭に、村バザ村長ななこと、村バザPAでもおなじみレコーディングエンジニアのうっちー3人で結成された、日本の“奥地”をポップに、でも真面目に、深く深く探っていこうという不思議探検部隊です。
昨年4月に山形・鶴岡に即神仏を見にいこう!と出羽三山ツアーが決行されたのが始まりで、鶴岡で出会ってしまった山伏に魅了され、近頃は岩手・鹿踊りで盛り上がる鹿バカに出会いました。次から次へと現れるディープなお人。愛すべき奇人偉人たちに出会い、ディープなジャパンが見えてきました。ここでそろそろディープジャパンの活動をお披露目です。
             ♢
ディープジャパンのメンバーが鶴岡で出会った山伏の坂本大三郎くんをゲストに迎え、ディープジャパン隊長であり歌手の青谷明日香ちゃんとディープトークを繰り広げます。大三郎くんの神楽あり、明日香ちゃんのライブあり、と盛りだくさんなイベント。
             ♢
そして、ワークショップはこちらもディープジャパンとゆかりが深い若手山伏、成瀬正憲くんが率いる「アトツギ編集室」のみなさまがワークショップを行ってくれます。

さらに、11月の村バザで行った秋田番楽で知り合った岩手・鹿踊チームも招いて、正月から踊り狂おう!という魂胆です。
お正月に山伏にも鹿にも会える、またとないチャンス!お見逃しなく〜♪

2014年1月5日(日)
12:00〜21:00

【昼の部】
12:00〜17:00/出入り自由
▲▽ごはん▲▽
村バザカフェの村バザごはん
マカロニドリッパーのコーヒー

▲▽ワークショップ▲▽
◯アトツギ編集室
山形・鶴岡で「アトツギ」をテーマにするリトルプレス、アトツギ編集室の仲間たちもやって来て、ワークショップを予定しています。
詳細は順次お知らせします。
http://atotsugi.me/

◯岩手・鹿踊『Shall we 鹿踊り?』
岩手の鹿踊(シシ踊り)という鹿をモチーフにした芸能を体験できるワークショップ。数回開催予定。
詳細は順次お知らせします。
行山流舞川鹿子躍
https://www.facebook.com/maikawashishiodori


【夜の部】
17:00〜21:00/エントランスチャージ2,000円
▲▽タイムスケジュール▲▽
17:00 神楽 坂本大三郎
17:30 ディープ対談『山伏に出会っちゃった!』
    青谷明日香(歌手)×坂本大三郎(山伏)
18:40 岩手・鹿踊
19:10 青谷明日香ライブ

青谷明日香
秋田生まれ、秋田育ち。キーボードかついで街から街へ。旅する吟遊詩人。郷愁あふれる田舎の風景から、哀愁ただよう都会のビルの風景まで、さまざまな主人公の物語を歌い紡ぐ。
FUJIROCK FESTIVALに2011年、12年と2年連続出演。
http://www.aoyaasuka.com/

坂本大三郎
1975年千葉県生まれ。イラストレーター、山伏。2006年、山形県羽黒地方にある宿坊(山伏が経営する宿泊施設)「大聖坊」の山伏修行に参加。2009年、山伏出世の行と呼ばれる「秋の峰入り修行」に参加する。以降、出羽三山(羽黒山・月山・湯殿山)を拠点に、古くから伝わる生活の知恵や芸能の研究実践を通して、自然と人を結ぶ活動をしている。

----------------------------------

カフェ「村のバザール」は、
毎月第1土日はライブやフリマ、モノつくり人による出店などちょっとにぎやかに、そのほかの土日はのんびりとカフェを開けております。
※第2〜4日土日は撮影が優先のため、急にお休みになることがあります。
フェイスブック『村のバザール』(http://www.facebook.com/muranobazar
「いいね」ボタンを押していただくと営業情報が見られます。
またブログ『かんずり仕込み中』(http://kanzuri.shigusa.net/)でも随時お知らせ致します。

********************
カフェ『村のバザール』
〒111-0034東京都台東区雷門2-11-10 ライオンビル
(地下鉄浅草駅A4出口から徒歩3分)
12:00〜20:00
(※イベント時は営業時間が異なります)
090-6511-0980(ななこ)
********************
posted by 西嶋一泰 at 20:31 | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月12日

【イベント】12/20『文化遺産とまち、ひと、復興』東京大会@文科省

news_13120315304517650.8.jpg

東京で宮城県の女川獅子振り、岩手県の南部藩壽松院年行司支配太神楽が観れる機会です。文化庁主催のイベント、シンポジウム『文化遺産とまち、ひと、復興』東京大会が開催されます。震災後の文化遺産と人びとの暮らしのあり方について関心がある方はぜひご来場ください。民俗芸能STREAMも取材に伺います!

『文化遺産とまち、ひと、復興』東京大会

http://www.bunka.go.jp/bunkazai/tohokujishin_kanren/pdf/bunkaisan_tokyotaikai_131129.pdf

文化遺産の復旧を支援する、市民団体、専門家、企業や財団、行政・・。国内外の多様な人、団体が集まります。ぜひ御参加ください。 文化遺産の復旧がふるさとの復興に与える効果と、多様な支援の意義と在り方について、
広く情報発信する場です。多くの人の参加が望まれます。皆様お誘い合わせの上、御来場ください。

主 催: 文化庁、気仙沼風待ち復興検討会
助 成: ワールド・モニュメント財団(米国)、フリーマン財団(米国)
特別協力: 日本財団、バンクオブアメリカ・メリルリンチ、凸版印刷株式会社
日 時:平成25年12月20日(金) 15時〜19時15分
会 場:文部科学省東館3階講堂 東京都千代田区霞が関3-2-2
東京メトロ「虎ノ門」又は「霞ヶ関」より徒歩5〜8分

■被災地の復旧を伝えるパネル展 15時〜 ロビー
気仙沼、石巻、佐原などの被災地の祭礼、歴史的建造物、町並みの復旧と支援の様子

■復旧した伝統芸能の公演 16時〜 講堂
女川獅子振り、南部藩壽松院年行司支配太神楽(解説:文化庁、菊池健策 主任文化財調査官)

■シンポジウム 17時〜19時15分 講堂 定員300人 申込不要 先着順 受付15時〜
シンポジウム終了後、簡単な懇親会を開きます。詳細は当日受付で御案内します。
○基調講演
□青柳 正規 文化庁長官
□ヘンリ−・エンジー ワールド・モニュメント財団副理事長(米国ニューヨーク)
○被災地からの声を取材したビデオレターの上映
○ディスカッション「ふるさとの文化遺産の復旧のためにできること」
□無形、有形、民俗、町並み、記念物などの多様な分野に関わる、多様な立場の報告者が結集します。

【報告予定者 報告順】
女川町獅子振り復興協議会 平塚 英一(女川町 町民課 参事)
一般社団法人気仙沼風待ち復興検討会 事務局 幡野 寛治
特定非営利活動法人小野川と佐原の町並みを考える会 理事長 高橋 賢一
公益財団法人日本財団 公益・ボランティア支援グループ 枡方 瑞恵
メリルリンチ日本証券株式会社 シニアヴァイスプレジデント CSR 推進責任者 平尾 佳淑
凸版印刷株式会社 情報コミュニケーション事業本部 課長 太田 浩平
公益財団法人日本ナショナルトラスト 主任研究員 土井 祥子
公益社団法人企業メセナ協議会 事務局長 プログラム・ディレクター 副主幹研究員 荻原 康子
特定非営利活動法人京町家再生研究会 事務局長 小島 冨佐江
○コーディネーター ワールド・モニュメント財団 稲垣 光彦

東京大会に係るお問合せ:気仙沼風待ち復興検討会事務局
気仙沼市教育委員会生涯学習課 担当 幡野
TEL:0226-22-6600(124) FAX:0226-23-0943
※リレーイベント全体に関するお問い合わせ: (株)マヌ都市建築研究所
担当 三浦・和田 MAIL:wada@manu.co.jp
posted by 西嶋一泰 at 19:29 | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月05日

【ネット中継】12/7奈奈子祭〜冬の陣〜@大槌町【復興支援 郷土芸能祭】

以前にもお知らせした岩手県大槌町で開催される新しいかたちの郷土芸能祭「奈奈子祭〜冬の陣〜」を民俗芸能STREAMでインターネット中継いたします。残念ながら当日いけない、という人もぜひちらっとでもアクセスして奈奈子祭の雰囲気を垣間見てください。

郷土芸能祭 「奈奈子祭 〜冬の陣〜」USTREAM中継
平成25年12月7日(土) 14:00~18:00
http://www.ustream.tv/channel/民俗芸能stream


郷土芸能 「奈奈子祭 〜冬の陣〜」が12月7日に岩手県三陸花ホテルはまぎくにて開催
文化芸術による復興推進コンソーシアム
http://bgfsc.jp/information/detail.php?id=178

日 時: 平成25年12月7日(土) 14:00~18:00
会 場: 三陸花ホテルはまぎく
入場料: 無料
      当日は浪板地区仮設住宅巡回バスを運行します。
主 催: 奈奈子祭実行委員会
後 援: 大槌町教育委員会・大槌町郷土芸能保存団体連合会

出演団体(出演順)
■臼澤鹿子踊
  臼澤鹿子踊保存会館伝承館を拠点として、地域の民俗芸能復興の中心的役割を果たす。
  鹿子頭に用いるカナガラの原料となるドロノキを栽培するなど、スケール大きな芸能
  環境の形成を見据える団体。
■鵜鳥神楽
  鵜鳥神社の権現様を奉侍し、毎冬、陸中海岸を巡行するスーパー廻り神楽。烈しさと
  繊細さが織りなす、信仰と舞の融合の極致。メンバーは普代村、田野畑村出身が中心
  だが、新たに釜石市出身の若者が入り、活気づく。岩手県指定無形民俗文化財、国選
  択無形民俗文化財。
■愛宕青年会八木節
  約100年前に群馬出身の船乗りによって伝えられたという。全国的に有名な八木節に
  乗せて、左右に体を揺らす軽快なステップ、番傘を曲芸的に操るテクニックは必見。
  若い世代に圧倒的な人気を誇る。
■岳神楽
  日本の神楽の代表的存在。その輝かしい肩書きすら余計なものと思えるほど、肉体の
  限界を突き抜けたところから立ち上がる圧倒的な表現は、地域の山岳信仰を見事に形象
  化している。国指定重要無形民俗文化財、ユネスコ無形文化遺産。
■城山虎舞
  大槌町の若者有志が平成8年に結成した新しい団体。東日本大震災によって一切を失っ
  たが、復興を牽引するフロントランナーとして人々を力強く鼓舞してきた。今年9月1
  日、完全復活宣言。
■鼓童
  最高峰の和太鼓集団として音楽の可能性を極限まで追求する。グローバルに活躍しつつ
  も、新しい地球文化を探る国際芸術祭「アース・セレブレーション」の開催など、拠点
  を佐渡から移さないというブレない姿勢が、ローカルを鼓舞する奈奈子祭の支援へとつ
  ながる。
■雁舞道七福神
  小学生が七福神に扮して順々に踊る様子が愛らしい。昭和28年に始まった。東日本大震
  災によって甚大な被害を受けたが、「七福神を踊りつづけ、ずっと家族のような絆を続
  けていきたいのです。」という。
posted by 西嶋一泰 at 21:22 | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。