2013年10月31日

【上映会&トーク】11/13 韓国芸能交流の旅―マレの会が、韓国・高敞農楽と出会った!@東京赤坂

2013年7月に敢行した韓国芸能、高敞農楽を訪ねる旅の報告を行ないます。高敞(コチャン)という韓国でもあまり聞いたことがない田園が広がる町に降り立った私たちは、そこで「伝授館」なる芸能の研修施設に潜入! 合宿に来ていた大学生や先生たちとともに飲めや歌えや、踊れや叩けやの大騒ぎ。芸能を通じたアツい交流を軌跡をここにご紹介します!



――――転載歓迎――――
ふるさとの祭りや芸能の映像トークライブ&ネット生放送番組
【郷土芸能STREAMビデオライブ】
http://kyoudogeinou.blogspot.com/

趣旨:奇数月第2水曜日19時より、選りすぐりの郷土芸能の映像を
上映しつつトークを繰り広げるイベントを開催しています。
実際に東京赤坂の会場にも来ていただけますし、
ビデオライブの様子はネットで生中継でもご覧になります。
アーカイブ配信もしています。ぜひ、ご視聴ください。

第020回郷土芸能STREAMビデオライブ
「韓国芸能交流の旅―マレの会が、韓国・高敞農楽と出会った!」
プレゼンター
【日本】旅に参加したマレ人たち 
【韓国】神野知恵(高敞に留学中、東京藝術大学博士後期課程)
[趣旨]
全郷芸では、日本の郷土芸能に興味を持ち、
これからの郷土芸能を考え活性化していくため結成された「マレの会」が
各地の芸能や祭りに参加し、交流する場を企画している。
今回は、現在韓国の芸能「農楽」を学ぶために留学している神野知恵氏のもとを訪れ、
農楽を体験し、それらに携わる人々との交流を深める旅を開催した。
韓国の芸能を体験するためにだけ海を渡ったマレ人たちが出会った、
ダイナミックでエネルギーあふれる韓国芸能。
そして温かく迎えてくれた高敞の人びとと土地との交流。
マニアックでストイックな今回の旅が、
今後の日韓交流にいかなる新展開をもたらすのだろうか。
今回は、通常のインターネット配信とともに、日本と韓国を中継で繋ぎ、
両国同時に旅を振り返りつつ今後の展開を探っていく。
2013年11月13日(水)
18:00〜21:00 映像配信&トーク(予定)
※いつもより1時間早めに開始予定!!
@東京都赤坂(公社)全日本郷土芸能協会

参加費:
一般参加 :¥1000
全郷芸会員参加:¥500
ウェブ参加 :¥0

※当日の様子は郷土芸能STREAMのサイトから生中継されます。
実際に会場に来ていただいた方には以下の特典も
@全郷芸所蔵の芸能の映像を観ることができます!
A全郷芸会報最新号がもらえます!
 
[参加方法]
事前に参加申込みメールフォームより連絡
http://ws.formzu.net/fgen/S19531047/

もしくは、Facebookより参加表明
https://www.facebook.com/events/317237698417498/

郷土芸能STREAMお問い合わせ
http://ws.formzu.net/fgen/S9496939/

主催:(公社)全日本郷土芸能協会
http://www.jfpaa.jp/

協力:民俗芸能STREAM
http://minzokugeinoustream.seesaa.net/

――――転載歓迎――――
posted by 西嶋一泰 at 19:29 | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月27日

【録画配信】花祭りがやってくる!【民俗芸能STREAM in 愛知】

先日、名古屋の長善寺で行なわれたイベント、民俗芸能STREAM in 愛知の模様をYoutubeにアップロードしましたので、ぜひご覧ください。後半からは、新美優さんやイレーネさんも登場して賑やかになってますよー。




民俗芸能STREAM in 愛知 2013「花祭がやって来る!」
日時:2013.10.21 19:00〜21:00
場所:長善寺
プレゼンター 瀧下真也(和太鼓奏者)
コーディネーター
西嶋一泰(民俗芸能STREAM代表)
蒲池卓巳(地芝居ポータル代表)
新美 優(熱田神楽を応援する会代表)

[趣旨]
 秋が少しずつ深まっていくと愛知県奥三河地方の「あのお祭り」が話題に上ってきます。そう、花祭です!花祭は、11月から3月までほぼ毎週末に奥三河のどこかで一昼夜かけて行われ、多くの祭り好きを虜にしているお祭りです。
 「眠い、寒い、煙い」の三拍子で語られる花祭。これだけだと、いいことは一つもないお祭りのように思ってしまいますが・・・。このお祭りの魅力は、現地に行って体験した人しか味わえない要素が多大にあります。湯釜を中心に笛と太鼓と舞が渾然一体となり、周囲を囲む観客たちは「テホヘ」の囃子と共に巻き込まれていき、深夜0時が近づく頃、鬼たちが現れます。それはそれはなんともカオスな場が繰り広げられるのです。そして膨れ上がった混沌とした場を一気に破裂させるような湯ばやしが私たちを待っています。そんな花祭に出会い、魅せられてしまった花祭ファン、通称「花キチ」を迎えて花祭の魅力を熱くご紹介します。その他に長野県飯田市下栗地域の祭り「霜月祭」も紹介する予定です。スタジオジブリの宮崎駿監督作品「千と千尋の神隠し」の中で、神様たちが湯治にやってくる湯治場のモデルとなったお祭りです。
 私たちは伝承者ではありませんが、花祭、霜月祭など三信遠地域に伝わる霜月神楽の魅力を自分たちの視点で言葉で少しでも伝えることができればと思います。

2013年10月21日(月)19:00〜21:00
19:00〜20:20 映像配信&解説(予定)
20:20〜21:00 トークタイム(予定)
@長善寺(名古屋市西区上小田井1−259)
(アクセス:名鉄犬山線中小田井駅徒歩5分、地下鉄庄内緑地公園駅徒歩15分)http://www.mapion.co.jp/phonebook/M06005/23104/L0727789/

主催:
民俗芸能STREAM http://minzokugeinoustream.seesaa.net/
地芝居ポータル http://www.jishibaiportal.com/

posted by 西嶋一泰 at 10:08 | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【東北復興 郷土芸能祭】奈奈子祭〜冬の陣〜【12/7@大槌町】

東北の三陸沿岸地方で復興を願って始まった新しいかたちの郷土芸能祭、奈奈子祭。冬の陣が12月に大槌町で開催されます。JTBのツアーも組まれてますので、三陸沿岸が初めての方でも、郷土芸能や地域の奥深さに触れることができます。

nanako1.jpg

郷土芸能 「奈奈子祭 〜冬の陣〜」が12月7日に岩手県三陸花ホテルはまぎくにて開催
文化芸術による復興推進コンソーシアム
http://bgfsc.jp/information/detail.php?id=178

日 時: 平成25年12月7日(土) 14:00~18:00
会 場: 三陸花ホテルはまぎく
入場料: 無料
      当日は浪板地区仮設住宅巡回バスを運行します。
主 催: 奈奈子祭実行委員会
後 援: 大槌町教育委員会・大槌町郷土芸能保存団体連合会

出演団体(出演順)
■臼澤鹿子踊
  臼澤鹿子踊保存会館伝承館を拠点として、地域の民俗芸能復興の中心的役割を果たす。
  鹿子頭に用いるカナガラの原料となるドロノキを栽培するなど、スケール大きな芸能
  環境の形成を見据える団体。
■鵜鳥神楽
  鵜鳥神社の権現様を奉侍し、毎冬、陸中海岸を巡行するスーパー廻り神楽。烈しさと
  繊細さが織りなす、信仰と舞の融合の極致。メンバーは普代村、田野畑村出身が中心
  だが、新たに釜石市出身の若者が入り、活気づく。岩手県指定無形民俗文化財、国選
  択無形民俗文化財。
■愛宕青年会八木節
  約100年前に群馬出身の船乗りによって伝えられたという。全国的に有名な八木節に
  乗せて、左右に体を揺らす軽快なステップ、番傘を曲芸的に操るテクニックは必見。
  若い世代に圧倒的な人気を誇る。
■岳神楽
  日本の神楽の代表的存在。その輝かしい肩書きすら余計なものと思えるほど、肉体の
  限界を突き抜けたところから立ち上がる圧倒的な表現は、地域の山岳信仰を見事に形象
  化している。国指定重要無形民俗文化財、ユネスコ無形文化遺産。
■城山虎舞
  大槌町の若者有志が平成8年に結成した新しい団体。東日本大震災によって一切を失っ
  たが、復興を牽引するフロントランナーとして人々を力強く鼓舞してきた。今年9月1
  日、完全復活宣言。
■鼓童
  最高峰の和太鼓集団として音楽の可能性を極限まで追求する。グローバルに活躍しつつ
  も、新しい地球文化を探る国際芸術祭「アース・セレブレーション」の開催など、拠点
  を佐渡から移さないというブレない姿勢が、ローカルを鼓舞する奈奈子祭の支援へとつ
  ながる。
■雁舞道七福神
  小学生が七福神に扮して順々に踊る様子が愛らしい。昭和28年に始まった。東日本大震
  災によって甚大な被害を受けたが、「七福神を踊りつづけ、ずっと家族のような絆を続
  けていきたいのです。」という。




JTB 東北ボランティアサポートバスプラン 奈奈子祭〜冬の陣〜
http://www.jtb.co.jp/tabeat/volunteer/

12月7日に開催される「奈奈子祭〜冬の陣〜」、今回は従来の【1泊2日支援・交
流】コースに加えて、さまざまなニーズに対応するべく、【夜行バ ス1泊3日】
コース、【弾丸ツアー・夜行バス0泊2日】コース、【2泊3日ボランティア募集】
コースを用意しました。JTBのHPにおけるボラン ティアのページにまとめて掲載
しています。

●1泊2日の参加コース(東京発、岩手発(盛岡〜花巻空港〜新花巻駅)発)
【1泊2日支援・交流】郷土芸能の絆で大槌・山田の明日を共に歩む!奈奈子祭冬
の陣(三陸花ホテルでの郷土芸能祭支援・交流・参加プラン)
http://www.jtb.co.jp/tabeat/List.asp?Tourno=a0d95e499134446ab4e044e4

●1泊3日の夜行バス利用コース
【夜行バス1泊3日】郷土芸能の絆で大槌・山田の明日を共に歩む!奈奈子祭冬の
陣(三陸花ホテルでの郷土芸能祭支援・交流・参加・ボランティアプ ラン)
http://www.jtb.co.jp/tabeat/List.asp?Tourno=b419e7c2a8844fac8f85d108

●弾丸ツアー0泊2日
【弾丸ツアー・夜行バス0泊2日】郷土芸能の絆で大槌・山田の明日を共に歩む!
奈奈子祭冬の陣(三陸花ホテルでの郷土芸能祭支援・交流・参加プ ラン)
http://www.jtb.co.jp/tabeat/List.asp?Tourno=d8fa74f8245645c4b26e5545

●ボランティア2泊3日
【2泊3日ボランティア募集】 郷土芸能の絆で大槌・山田の明日を共に歩む!奈
奈子祭冬の陣(三陸花ホテルでの郷土芸能祭支援・交流・参加プラン)
http://www.jtb.co.jp/tabeat/List.asp?Tourno=6be0232f44b6435e854195f0


「奈奈子祭〜冬の陣〜」に鼓童小編成で出演
太鼓芸能集団 鼓童
http://www.kodo.or.jp/news/20131207nanakomatsuri_ja.html
posted by 西嶋一泰 at 10:03 | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月21日

【本日 19:00〜】「花祭がやって来る!」【民俗芸能STREAM in 愛知 2013】

こちらでの告知が直前になってしまって申し訳ありません!
今年もやります。民俗芸能STREAMin愛知。
今回のトークテーマは奥三河の花祭。


民俗芸能STREAM in 愛知 2013「花祭がやって来る!」

http://www.ustream.tv/channel/民俗芸能stream


日時:2013.10.21 19:00〜21:00
場所:長善寺

プレゼンター
瀧下真也(和太鼓奏者)
コーディネーター
西嶋一泰(民俗芸能STREAM代表)
蒲池卓巳(地芝居ポータル代表)
新美 優(熱田神楽を応援する会代表)

[趣旨]
 秋が少しずつ深まっていくと愛知県奥三河地方の「あのお祭り」が話題に上ってきます。そう、花祭です!花祭は、11月から3月までほぼ毎週末に奥三河のどこかで一昼夜かけて行われ、多くの祭り好きを虜にしているお祭りです。
 「眠い、寒い、煙い」の三拍子で語られる花祭。これだけだと、いいことは一つもないお祭りのように思ってしまいますが・・・。このお祭りの魅力は、現地に行って体験した人しか味わえない要素が多大にあります。湯釜を中心に笛と太鼓と舞が渾然一体となり、周囲を囲む観客たちは「テホヘ」の囃子と共に巻き込まれていき、深夜0時が近づく頃、鬼たちが現れます。それはそれはなんともカオスな場が繰り広げられるのです。そして膨れ上がった混沌とした場を一気に破裂させるような湯ばやしが私たちを待っています。そんな花祭に出会い、魅せられてしまった花祭ファン、通称「花キチ」を迎えて花祭の魅力を熱くご紹介します。その他に長野県飯田市下栗地域の祭り「霜月祭」も紹介する予定です。スタジオジブリの宮崎駿監督作品「千と千尋の神隠し」の中で、神様たちが湯治にやってくる湯治場のモデルとなったお祭りです。
 私たちは伝承者ではありませんが、花祭、霜月祭など三信遠地域に伝わる霜月神楽の魅力を自分たちの視点で言葉で少しでも伝えることができればと思います。

2013年10月21日(月)19:00〜21:00
19:00〜20:20 映像配信&解説(予定)
20:20〜21:00 トークタイム(予定)
@長善寺(名古屋市西区上小田井1−259)
(アクセス:名鉄犬山線中小田井駅徒歩5分、地下鉄庄内緑地公園駅徒歩15分)http://www.mapion.co.jp/phonebook/M06005/23104/L0727789/

参加費:
一般参加 :¥500
ウェブ参加 :¥0

※当日の様子は民俗芸能STREAMのサイトから生中継されます。
http://www.ustream.tv/channel/民俗芸能stream

主催:民俗芸能STREAM http://minzokugeinoustream.seesaa.net/
地芝居ポータル http://www.jishibaiportal.com/
posted by 西嶋一泰 at 17:39 | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月20日

【体験ツアー】11/2-3 遊ぶところはねぇが、ここには神楽がある@岩手県一関市南沢神楽

一昨年、民俗芸能STREAMでお邪魔した岩手県一関市の南沢神楽を訪ねる企画が農協観光さんのほうで、組まれました。神楽に餅に野菜に、なんにもないようで、楽しい人たちであふれている南沢にぜひ足を運んでみて下さい。南部神楽は女性も取り組んでいて、「安宅」など義経が活躍する演目も見所です。興味がある方はぜひチェックしてみてください。

南沢神楽と世界遺産・平泉を訪ねる二日間
〜遊ぶところはねぇが、ここには神楽がある〜

http://www.znk.or.jp/event/20130808.php

■出発日:2013/11/02(土) -2013/11/03(日)
■料金:おひとり様 47,800円 (18歳以上限定)
■旅行企画・実施:株式会社農協観光
■協力:南沢神楽保存会

 目の前に広がるのは、田んぼ、山、小川・・・、懐かしい昭 和の農村風景です。一関市荻荘南沢の皆さんは「おらほには何もない」とよく言います。でも、見渡せば景色以外にも、 皆が当たり前と思っているものの中に、時を越えて伝わる宝物がありました。「そうだ!神楽がある」。集落に伝わる「南沢 神楽」は、娯楽性に富んだ内容と独特のリズムが特徴で、見 る者をワクワクさせる珠玉の芸能です。

 「平日は米づくり、週末は神楽役者」という暮らしぶりが、 人々の明るさや集落の活力を支える秘訣!心和む風景や、 神楽でつながる集落の人々の素朴な暮らしが、南沢には色あせずに息づいております。


民俗芸能STREAMでお邪魔したときの映像はこちら↓
posted by 西嶋一泰 at 21:34 | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。